MENU

デリケートゾーンのかゆみ

アンダーラインがかゆいけど誰にも言えない女子高生

 

実は高校3年の夏からかれこれ20年ほど、デリケートゾーンの痒みに悩まされています。

 

しかし場所が場所だけに、当初は誰にも相談することが出来ずにいました。

 

当時は彼氏もいなかったので、自分が痒いのを我慢すればよいだけで、薬も塗らず、人知れず掻きむしって、時に血を滲ませていました。

 

このような状態を続けて数年。彼氏が出来たので、大変です!荒れてるデリケートゾーンを彼氏に見られたら、恥ずかしいので、何とかすべき状況になりました。

 

恥ずかしかったけど薬局に行き、薬を購入。恥を忍んで手に入れたんだ、これで治るだろう。と思いきや効き目無し。

 

これはまさかのカンジダ?!と思い彼氏に迷惑をかけるわけにはいかない、という事で女医さんの病院を探して行きました。

 

診察して頂くと、相当掻きむしっていたようで、「ひどいね?。可哀想に」と言われるくらいデリケートゾーンは荒れていたようです。

 

結果はカンジダでは無く、時折、自分のオリモノで痒みが出てしまう人がいるとのこと。

 

ロコイドという少しステロイドが入っている薬を処方して頂きました。その薬を塗っているとしばらくの間は痒みが消えます。

 

しかしロコイドで完治する事は無く、その薬を塗りきってしまいました。

 

念のため他の病院に行ってみましたが、結果はカンジダではないとのことで同じ薬ロコイドを処方して頂きました。

 

彼氏とのデートの時は何があるかわからないので薬は塗らず、見られたくないので、Hの時は必ず電気を消してもらっていました。

 

現在は無事に彼氏と結婚して、一児の母です。

 

妊娠中も痒みはあったので、お医者さんに確認をとってロコイドを塗っていました。

 

生理中にオススメの服装は蒸れないようにダークカラーのスカートを履く

 

今現在もロコイドが手放せません。なるべく風通しの良い服装、という事で常にスカートを履いています。

 

この痒みがなくなったらスカート以外も履けるし、どんなに過ごしやすいだろうか!!と思う毎日です。

 

そんな時に布ナプキンの存在を知り、使ってみたら、通気性がいいからおりものの量が多くても全然ムレなくてかゆみがなくなりました!

 

おりもの用布ナプキンが人気

 

布ナプキンはおりものをすぐに吸収してるから、ムレなくて快適なんです。お風呂に入った時、サッと洗うだけでOKなのでお手入れも簡単!もっと早くから布ナプキンを使っていればよかったです。

 

おりもの用布ナプキンはコチラ

 

 

 

かゆい原因のおりもの

サラサーティコットン100
おりものによる下着の汚れが気になる人には、サラサーティコットン100がオススメです。2枚重ねはトイレへ行くたびに交換できて衛生的ですね!

 

布ナプキン
生理中だけでなく、おりものにも大活躍するのが布ナプキンです。小型・薄型の布ナプキンは普段使いにもピッタリです。

 

おりもの対策まとめ